血中の男性ホルモンの活性が強いと皮脂の分泌量が増加し、ニキビができる

血中の男性ホルモンの活性が強いと皮脂の分泌量が増加し、ニキビができてしまいます。

しみやしわをどう予防するか、増えないようにするか

   

女性の肌悩みの上位に必ず入るしみ、しわ。早い方なら20代後半から気になる方も多いでしょう。
美肌の基準というとやはり、美白、しみ、しわがない、十分な保湿です。

どれも重要ですが、目に見えてわかる悩みとしてはやはりしみ、しわだと思います。

10代、20代のうちにしっかり紫外線カットや保湿をしているなんていう方は非常に少ないはず。

20代までに浴びた紫外線がしみやそばかすの原因になってしまい30代から肌のターンオーバーが遅くなりしみが目立ち始める方が多いと思われます。

20代の肌を羨んだり、後悔しても仕方がないですよね。

そこで30代、40代からはしみやしわをどう予防するか、これ以上増えないようにするにはどうすれば良いのか。
まず、少しの外出でも必ず日焼け止めをしっかり塗り紫外線を予防することは大切です。

日焼けをしてしまうと肌のターンオーバーが遅くなっているためしみやしわができやすくなります。
しわにももちろん言えることですが、基礎化粧品でのしっかりした保湿も大切です。
しっかり保湿がされていない状態だとしわや乾燥小じわができやすくなります。

乾燥を防ぐためにも、肌を柔らかくしてあげることでしみにも有効的なので少しだけマッサージをして代謝を上げであげるのもとても効果的です。

時間がない主婦の方でもいつものお手入れに30秒でもマッサージしてあげると違いが出てきます。

肌を傷つけないためにもマッサージはオールインワンゲルやオイルなどしっかり滑りがあるものが良いです。
しみとしわの両方を予防していくにはしっかり紫外線カット、保湿が重要です。

現在は数え切れないぐらいの基礎化粧品やベースメイクが出ておりプラセンタやローヤルゼリー入りのものなども格安で購入できるものも多いです。

格安で購入できれば日々のお手入れにもバシャバシャとたくさん使えます。

もちろん食生活も偏らず、野菜、肉、魚、果物、たんぱく質などしっかり摂る必要がありますが、今すぐ始められるお手入れ紫外線カットと十分な保湿を始めてみるとしみ、しわをこれから予防することができます。

 - スキンケア