血中の男性ホルモンの活性が強いと皮脂の分泌量が増加し、ニキビができる

血中の男性ホルモンの活性が強いと皮脂の分泌量が増加し、ニキビができてしまいます。

血中の男性ホルモンの活性が強いと皮脂の分泌量が増加し、ニキビができる

ニキビが発生する大きな原因の一つになっているのが男性ホルモンです。

これは、血中の男性ホルモンの活性が強いと皮脂の分泌量が増加するためです。

皮脂が増える事によって、それを栄養とするアクネ菌も増殖し、これが毛穴などに溜まってしまうとそこが炎症を起こしてしまいます。

これが男性ホルモンによってニキビが発生してしまうメカニズムです。

この男性ホルモンは明確にはアンドロゲンという名のホルモンで、男性だけでなく女性の体内にも存在しますので、女性でもホルモンバランスの乱れなどによってアンドロゲンの働きが活発になるとニキビが発生しやすくなります。

ニキビのケア

ニキビ予防の鍵は皮脂の過剰分泌を抑える事です。

外側からケアを行う場合、基本的にしっかりと肌を洗って清潔を保っていれば良いでしょう。
しかしそもそも内側から皮脂分泌を促している原因を取り除く事が根本的な解決となります。

男性ホルモン過多によって発生するニキビに関しては、内側からケアを行う事である程度抑える事ができます。
手軽でおすすめな方法が大豆食品を摂る事です。

大豆に含まれるイソフラボンというポリフェノールは、女性ホルモンと似た構造を持ち、ホルモンバランスを整える働きがあります。

このため、男性ホルモン過多の状態を抑え、皮脂の過剰分泌を防ぐ事ができます。
日頃からの食事に大豆食品を積極的に取り入れる事がニキビの予防に繋がるのです。

ニキビ予防の最終兵器はピル

ピルといえば避妊薬ですね。

しかし実はこれにはニキビを予防する効果もあり、そのような目的で利用されているケースも存在します。
これはピルに含まれている合成女性ホルモンが男性ホルモンの働きを抑制する作用を持っているためです。

とはいえピルには血が固まりやすくなるなどの副作用も存在します。

ニキビ予防としてピルを使う場合には十分に注意して服用する必要があります。

男性ホルモンとニキビの関係まとめ

ニキビの原因には様々なものがありますが、今回紹介したのはその一例です。

あなたのニキビの原因となっているのはなんでしょうか?

もし、それが男性ホルモンの過多によるものであれば、上記の方法を是非参考にしてみてください。

どろあわわ

公開日:
最終更新日:2016/08/03